最新のダイエットや美容情報を発信する女子力ハック

毎日忙しい女性の為に1分で分かるダイエットやスキンケア、コスメにヘアケアの最新情報を提供する女子力ハック

50歳を過ぎても完璧スリーサイズ!マドンナが実践するマクロビオティックダイエットで女子力UP

2016年11月21日

超有名歌手のマドンナさんのおさらい

今年で芸能活動34年を迎えるマドンナ。58才になる今も、アメリカを代表するポップスターのひとりです。マドンナが生まれたのは1958年。18才で故郷のミシガンを離れてニューヨークに向かいました。そこでダンサーなど様々な仕事を経験した後、プロデューサーに見いだされた彼女がデビューしたのは1982年。デビュー曲の「エブリバディ」はダンスチャートで3位を記録します。さらに翌年発表したデビューアルバムは全米で500万枚、世界では1000万枚という大ヒットとなります。

その翌年リリースした「ライク・ア・ヴァ-ジン」が世界11か国でチャートの一位を獲得する大ブレイク。その後も「マテリアル・ガール」「ライク・ア・プレイヤー」などが記録的なヒットとなりました。また映画やミュージカルなどでも活躍し、2008年には映画監督としてもデビューしています。2016年には10年ぶりとなる来日公演を行い4万人を動員しました。現在では「クイーン・オブ・ポップ」とも呼ばれ、CDの売り上げ枚数は世界中で3億枚と、「世界中でもっとも売れた女性アーティスト」としてギネスブックにも掲載されています。2008年にはロックの殿堂入りも果たし、アメリカの雑誌・タイムでは「最も影響力を持つ女性25人」の一人にも選出されるなど、もはや音楽だけにとどまらない活躍を見せています。

あの名曲もマドンナです。あぁ懐かしい。。。

そんなマドンナが実践しているマクロビオティックダイエットとは?

マクロビオティックダイエット
なんと58才になった今でも、54キロの体重と、86・58・57というスリーサイズを維持しているマドンナ。映像などを見ても、若いころから少しわりません。そんな彼女が取り組んでいるダイエット方法がマクロビオティック・ダイエット。マクロビオティックダイエットとは、簡単に言えば食生活を整えることです。動物性の食品をできるだけ避けて、穀類や野菜、海藻などヘルシーな食品を中心にメニューを組み立てていくのがマクロビオティックダイエットの基本。

またマクロビオティックダイエットで大事になるのが「ひとつの食品をすべて食べる」「環境にあった食事を行う」という二つの考え方。「ひとつの食品をすべて食べる」というのは、たとえば大根であれば、葉を落とし、皮をむいて白い中心だけを食べるのではなく、葉も皮もすべて食べることで大根のエネルギーをすべて取り入れられるという考え方です。一方「環境にあった食事を行う」というのは、その季節にその土地でとれたものと食べるということ。暑いときには体を冷やす効果があるキュウリなどの夏野菜、冬には体を温める根菜などを食べることで体のバランスが自然と整っていきます。

マクロビオティックダイエットの効果と仕組み

マクロビオティックでは、「ひとつの食品をすべて食べる」という考え方に基づいて精白された米や小麦粉は避けています。そのため、豊富な食物繊維やミネラルなどを摂取することができるため、体の中にたまった不要なものを排出することにつながります。また、動物性の食品などを口に入れないことで全体の摂取カロリーが低下、自然と体重減につながります。人工的に加工された食品を減らすこともダイエットに効果的です。

マヨネーズやジャム、チョコレートなどを減らすことはデトックス効果もあります。さらによく噛んで食べる習慣が身につくことから自然に食事量が減少するというのもメリットのひとつです。マクロビオティックダイエットがすすめているのは、豆、ゴマ、海藻、野菜、きのこ、芋類といった食品。つまり、伝統的な和食に多く含まれているものばかりです。このマクロビオティックダイエットにほれ込んだマドンナは、7年間にわたって日本人シェフを専属として雇って、コンサートツアーなど世界中に同行されていたという話も納得できますね。

マクロビオティックダイエット体験者の口コミ

マドンナのダイエット法はこんなことな事も実践

美に対して徹底したプロ意識を持っているマドンナ。マクロビオティックダイエット以外にも様々な方法で体形をキープしているそうです。少なくとも、一日に三時間以上はエクササイズに費やすそうです。自宅でのヨガやピラティス、水泳、ランニングなどが主なメニューですが、ここで紹介したいのが「田畑式」と呼ばれるトレーニング法です。発案したのは日本の田畑泉教授。これは「50秒激しい運動と10秒休憩(合計1分)」をひとつのセットとして、それを8セット(4分)行うというインターバルトレーニングです。

一般的に、体についてしまった脂肪を落とすためにはゆっくりしたランニングなど有酸素運動が効果的とされていましたが、軽めのエクササイズ1時間より「田畑式」トレーニングを4分間行ったほうが高い脂肪燃焼効果が得られたそうです。ちなみに50秒間行う激しい運動はスクワットや腹筋背筋など自分の体力に合わせたものであればなんでも構わないそうです。これならマドンナ並みとはいかないまでも、自宅で簡単にチャレンジできそうです。正しい食生活と規則正しい運動。いつまでも美しいマドンナの体はくやって維持されているようです。

ちなみに田畑式とレーニングってこんなのです。まぁ私は無理です。。。。

マクロビオティックダイエットの代わりに玄米ミルクスムージーもお勧め

玄米ミルクスムージー

マクロビオティックダイエットは絶食の必要もないし、体を緩やかに健康的に絞る事ができるのですが、正直色々と穀類や野菜、海藻などヘルシーな食品を買いにいくのは億劫ですよね(笑 そこでスムージー感覚でしっかり玄米を摂取できるのが玄米ミルクスムージーです。穀物15種と野菜7種を配合し、料理しなくてもお手軽マクロビオティックダイエットに挑戦できます。

玄米ミルクスムージー公式サイトをチェック