最新のダイエットや美容情報を発信する女子力ハック

毎日忙しい女性の為に1分で分かるダイエットやスキンケア、コスメにヘアケアの最新情報を提供する女子力ハック

フケは予防できる?正しい頭皮ケアで冬のフケにもう悩まない!

2016年11月27日

女性にとって乾燥は大敵であり、肌のスキンケアでも保湿力を高めるケアを行っている方が多いですが、頭皮の乾燥というものも悩ましい問題と言えます。乾燥によるフケが発生する女性は多く、乾性フケはパラパラと衣類等に落ちて汚く見えてしまいますから注意が必要です。不潔にしてないのに不潔に見えるのはホントに心外ですよね!

フケが発生するメカニズムや予防法を知っておくと、対応しやすくなりますから、まずは原因や対策について知る所から始めると良いでしょう

乾性フケが冬場に多くなる原因とは?

フケの原因
フケと言うのは古い頭皮が剥がれたものが原因であり、頭皮も他の肌部分と同様に新陳代謝が起こって古い肌から新しい肌に生まれ変わっていき、その過程でフケが発生するものです。ですからフケが産まれる事自体は自然な事であり、むしろ発生しない状態というのは困るのですが、大量に毎日剥がれるのは問題であり、皮脂が過剰分泌を引き起こして脂性フケが発生したり、角質がポロポロ沢山剥がれる乾性フケが産まれるのは正常な状態では無いと言えます。

頭皮が正常なサイクルで生まれ変わりが起こっていれば、フケは小さく目立たないものになり、これは全く問題が無いものですが、明らかに目立つようなフケが大量発生している時には対策が必要であり、脱毛症状やかゆみ等の頭皮トラブルに繋がる前に対策が必要です。

特に女性に多いのは乾燥による乾性フケであり、頭皮の皮脂や水分不足によって発生するのですが、原因として考えられるのは、洗浄力が高いシャンプーを常用していたり、エアコンが効いた部屋で長時間居る等がよくあるパターンと言えます。フケのタイプをチェックした上で適切な対策が必要です。

なお、冬になぜフケが増えるかというと、冬場は乾燥リスクが高くなり、顔の肌だけではなく当然頭皮の肌も乾燥しやすくなります。水分が失われた頭皮では肌の代謝が乱れてフケも正常では無くなる事もありますし、暖房の効いた部屋では湿度調整していないと酷い乾燥を招き、これもまた乾性フケを作り出す原因です。女性は特に冬場は室内で過ごす事が多いですから、冬場の乾燥したフケに悩む例が多くなる傾向にあり、フケが細かくて粉のように吹き出してきたり、頭皮がカサカサとする場合は対策が必要になります。

乾燥するフケが発生する原因を知る事によって、適切な予防策も産まれますから、いくつかの予防策を知って試してみると良いでしょう。

乾性フケ発生に有効な5つの予防策

フケ発生を防ぐ予防策は無数にありますが、5つの予防策を取り入れて実践してみると、それで改善出来る可能性は高いです。

乾性フケはやはり乾燥が問題になりますから、長時間乾燥する場所への滞在を避ける事、洗浄成分がきついシャンプは避ける事、頭皮の保湿ケアを行う事、バランスの取れた食生活、代謝を高める運動や睡眠を充実させる、これら5つのポイントを意識するのは有効と言えます。

1:寝るときにはエアコンの暖房を切る

暖房が効いた部屋でエアコンを切り忘れて寝てしまうと、朝起きた時に喉がカラカラになったという経験がある方は多いですが、それだけ乾燥を促進させるものです。頭皮乾燥を促進させる事は当然ですし、湿度調整機能が無い場合は長時間乾燥する場所で居る事は危険であり、女性は特に冬場は室内に居る事が多いですから注意が必要になります。

時々外の空気に触れたり、意識して水分摂取を行なったり、乾燥対策が必要になりますから、湿度調整出来ない時にはエアコンには注意して過ごす事が必要です。ただ、どうしても寒くて暖房が必要な場合は、加湿器を付けて眠りにつきましょう。

2:シャンプーを頭皮ケア専用のスカルプシャンプーを使う

洗浄成分がきついシャンプーの扱いも注意が必要であり、洗浄成分が高い市販シャンプーは髪の美しさを引き出す事に主軸が置かれていますから、頭皮が弱い方には刺激が強すぎる傾向にあります。ですから市販シャンプーから頭皮環境改善専用のスカルプシャンプー等に替える事は有効であり、洗浄成分が優しくて肌にも良いものに変更する事は有効です。

もちろんシャンプー選択では脂性フケや乾性フケ等、フケ症状に応じたものを使う事が必要であり、スカルプシャンプーに切り替えた方は市販シャンプーに慣れていると洗っている感覚が無いという人も居ます。ただし、スカルプシャンプーでは必要な皮脂を残しながら汚れは落とすという機能がありますから、しっかりと汚れは落ちていて、肌に優しく汚れは確実に落とすという特徴があるものです。

使い方にはポイントがあり、まずは仮洗いを行って湯だけで洗浄してホコリや汚れ落としを行い、そこからスカルプシャンプーを利用して洗うと洗浄した感覚が強くなります。もちろんすすぎ洗いは徹底させる事は必要になりますから、毛穴にシャンプー成分が残らないようにしっかりとすすぐようにしましょう。

すすぎ洗いが甘いとせっかく頭皮環境改善に良いシャンプーを使っても、頭皮トラブルの元になってしまいますから、必ずすすぎ洗いを徹底させる事を意識して使う事が重要です。

3:頭皮保湿効果の高い育毛剤や頭皮専用化粧水を使う

頭皮の保湿ケアを行う事もフケには有効であり、スカルプシャンプーを使った直後は乾燥に向かいやすくなりますから、育毛剤や頭皮専用化粧水で頭皮のケアを行う事は有効であり、育毛剤や頭皮専用化粧水にはフケを防いだり細菌増殖や皮脂過剰分泌抑制、他にも保湿効果に優れたものもあります。シャンプーで頭皮環境を整えた後に育毛剤を使う事が正解であり、頭皮環境が悪化した状態では育毛剤の効果が低くなると言えますから注意が必要です。

適切で相性の良い育毛剤や頭皮専用化粧水で頭皮ケアを行うと、頭皮環境はさらに改善されたり、フケが減ったりと頭皮全般の悩みを解決出来ますし、生えてくる毛髪の質も良くなるといった効果に期待出来ます。

4:食事改善

食生活の改善も冬場の乾燥したフケに悩む方に有効であり、体内からケアする有効な手段です。外部からのケアだけでは限界であり、やはり食生活等のように体の内側からの働きかけは重要で相乗効果を高める事が出来ます。

コラーゲンを多く含んだ食材として、鶏の皮や豚足、ふかふれ等の食材摂取が望ましく、コラーゲン生成の為には鉄分やビタミンCの摂取も必要になります。ビタミンCは野菜や果物から摂取したり、サプリメントを活用する事も有効ですが、頭皮や毛髪にも良いビタミンB6の摂取も加えていくとさらに良いです。

ビタミンC6は海藻類やバナナが有効であり、ワカメやひじき、昆布等にはビタミンB6が豊富に含まれています。さらに油を避けるのではなく良質な油の摂取も乾燥対策として有効であり、ナッツ類を食べる事で肌に潤いを与えてくれますから、普段からスナック菓子を食べている方は、ナッツ類に切り替えてみる事は有効でしょう。

もちろん食生活変更は即効性が無いものですから、継続的な摂取を行う事が必要になり、体の内側が整うと自然と頭皮環境も変わってくるものです。外部からのケアでは得られない方向性の効果に期待出来ますから、食生活改善や栄養摂取の選択は極めて重要であり、フケへの効果も非常に高いと言えます。

5:生活改善

そして最後に頭皮の新陳代謝を整える為にも、代謝をアップさせる運動や睡眠の充実は切り離せない対策です。運動によって血流改善が行われ、全身に栄養素や酸素が巡りやすくなり、老廃物も外部に出やすくなりますから、適度な有酸素運動を続ける事は頭皮の新陳代謝にも有効と言えます。

当然睡眠の充実も必要であり、睡眠中に体力回復や心身や臓器の修復が行われ、皮脂やホルモン分泌の調整が行われる事になり、代謝や免疫力アップに睡眠の充実は必須です。

こうした対策を意識すれば、冬場の乾燥フケに悩む女性も、緩和出来たりトラブルを無くす事も可能になります。